安心できるプランがある

カウンセリング

安全性の高い施術プランが充実しているほくろ治療では、目的別に様々なプランを提供してくれるので信頼性が高いです。施術に必要な費用はおよそ1万円前後となっており、アフターケアが充実しているので痛みなどが発生することはありません。

詳しく見る

申込み手順をチェック

医者と看護師

ほくろ治療は希望する病院やクリニックは電話して申し込みをします。申し込みが終わったら診察日に受診してカウンセリングを受ける、そして実際の治療を受けます。治療を受けた後もアフターケアの方法などを説明されて、すべてが終了になります。

詳しく見る

美容整形の注意点と常識

看護師

ほくろの除去にはいろんな治療がありますが、すべてにメリットがあり費用も高額なのから低額なものまでいろいろあります。その中でほくろの除去成功のメリットはほとんどが美容的に除去して性格が積極的になった等、肯定的な効果が多いようです。

詳しく見る

メリットと方法の特徴

女性

コンプレックスがなくなる

ほくろはできる場所によっては美容の妨げになります。大きくなくても、顔にできていたりするとコンプレックスになることもあるでしょう。美容外科でほくろを取ってもらうと、感じていたコンプレックスがあっさり解消できます。早ければ治療したその日にはなくなるので、人と会う前や大勢の前で話す時は即座に解消する手段になり得ます。色が黒いため化粧でごまかしにくいこともあり、問題を解決するには美容外科に行くのが最善です。治療の恩恵はコンプレックスだけでなく、人との関係にも効いてきます。自分の見た目に少しでも違和感を覚えると、多くの人は「早くどうにかしたい」と感じ、時にはそれで自信をなくす人がいます。影響がもっとも強いのが他人に指摘された時で、指摘した人しだいでは会うことがつらくなるほど落ち込むこともあるでしょう。ほくろを取ってもらえば、印象を大事にしたい人との関係を円満できます。見た目の違和感がなくなることで気にかけることがゼロになるため、会話も弾むことでしょう。また、治療によって自分の身を守ることにもなります。ほくろには悪性のものもあり、それを放置するのは危険です。しかし、見た目は通常のものととても似通っているため、判断は専門医にしてもらう必要があります。早めに通院すれば、悪性の場合でもすぐに治療に取り掛かれるため、体への影響が最小限ですみます。ほくろも「できもの」のひとつであるため、体に負担をかけることが少なからずあります。その負担を取り除けることが、通院治療の一番のメリットです。ほくろ治療を受けるなら、最初に「どんな方法で除去するか」をはっきりさせましょう。ほくろを取る方法は複数の種類があり、それぞれで特徴が違うためです。例えば、定番の方法にはくり抜き法があります。専用機器で文字通り切ってくり抜く方法で、1ミリほどの小さいほくろに向きます。また、似たものに電気メスでの切除があります。こちらは人の手で切除を行うため、5ミリ以上の大きいものも切除できます。ただ、どれだけ大きくてもいいとはならず、大きさによってはこの方法が使えないこともあります。整形で有名なレーザ−による治療もあり、扱うところに行けば受けられます。こういった美容関係の治療は方法で選ぶことが多いですが、ほくろの場合は大きさで選ぶのがポイントです。費用に大きさが関わるというのもそうですが、一番の理由は最適な治療法が変わるためです。小さいものに向く方法を大きいものに適用させると、体に別の問題を起こすことがあります。状態に合わせた方法で切除するのが一番堅実です。また、大きくなるにつれて手段が限られてくるため、取りたいと思ったら早めに行動することが大切です。そして、保険が適用されないことも覚えておきましょう。ほかの整形と同じように、美容扱いならどの治療法でも費用は基本的に自己負担です。しかし、悪性と診断された場合は医療扱いのため、保険が適用されます。そのため、ほくろが良性であるかを事前に確認することが必要です。美容扱いの場合は受ける前に支払い金額を確認し、捻出できる余裕がある時に受けるようにしましょう。

Copyright© 2018 顔にあるほくろはコンプレックスの元【治療によって自分の身を守る】 All Rights Reserved.