美容整形の注意点と常識

看護師

美容整形の個別的内容

ほくろとは、一般的には後天性色素性母斑のことを言います。つまりほくろは生まれた時からあるのではなく、出生したあと皮膚に色素細胞に似た母斑細胞が増殖した状態といえます。更に状態を分かりやすく言えば、皮膚の一部にメラノサイトという細胞が集結したもので、黒く見える状態までなっているもののことを言い、その原因としては、メラニンという皮膚などに影響を与える色素があります。そしてそれをつくる過程でメラノサイトが活性化しすぎたり、何らかの異常をきたすことにより作られてしまうのです。それによって最初は肌色をしていたものが、紫外線の影響を受けてメラノサイトが活発化し着色されてしまうというのが理由であるようです。ほくろ除去の方法にはレーザーによる除去が一般的に知られています。そのため、レーザーを使用した治療法がクリニックなどでは利用されることが多いのです。この除去治療中心に気をつけることをいくつか述べてみます。レーザー治療はレーザーで細胞の中の水分を蒸発させてゆくものでありますので、ほくろの状態によっては一回の手術で終わらず何回も通わなければなりません。例をあげると皮膚の根深いところには、レーザー治療は一回では終わらず何度かのレーザー治療が必要になるので、注意が必要なのです。その理由は取り残しがあるとまた戻ってしまったりするためです。そしてもう一つ注意が必要なのはアフターケアが長期にわたる場合いがあり、術後の紫外線や化膿などのケアには病院に通院するなどの慎重さが必要なことです。顔にほくろがあるとやはり気にものなので、特に女性の方は大きければ大きいほど気になってきてしまいます。なので取り去る方法や、その方法の個別のメリットそして除去後の感想などを記載してみます。レーザー治療のメリットとしてはあまりほくろが大きくなければ傷が残らないというメリットがあります。費用は美容整形のわりに安く、だいたい直径1ミリ未満2千円から5千円から直径5ミリで4万円となっています。次にメスによる切開等の手術、これは普通のメスで切開または電気メスなどで焼く方法があります。この方法だと先ほどのレーザー治療によって出来なかった大きいでも除去できます。その大きさは1センチぐらいから可能で金額は3万5千円からあります。少しレーザーより安めになっております。あとはほくろ除去のクリームというのもあり、通院が必要ではないのと通販サイトなどで買うことが可能というメリットがあります。値段も手頃なので手軽に入手できます。また最近はお灸というのも人気が出てきております。これも気軽にその辺のコンビニなどで購買可能で入手が簡単で値段はだいたい1万円くらいからなので費用はあまりかかりません。以上がほくろ除去の方法とメリットです。そしてほくろの除去に成功するとまたメリットがあるのですが、大体が取って良かったとか、異性に積極的になるとか、鏡を見るのが苦痛でないとかいう美容的及び精神的メリットが予想されます。美容的及び精神的意味では、やはり気になる方はできることなら除去したほうがよさそうです。

Copyright© 2018 顔にあるほくろはコンプレックスの元【治療によって自分の身を守る】 All Rights Reserved.